新着情報

相談をお考えの方

よくあるご質問

和解状況

関連リンク

2014.03.31


医療費助成等実現のための100万人署名活動にご協力お願い致します。街頭署名も行なっています。


 

 

5 33.26署名2

(平成26年3月26日正午~。街頭で署名活動を行う当弁護団弁護士)

 ウイルス性肝炎は国民病・医原病です

B型、C型肝炎ウイルス患者の感染の多くは、集団予防接種で注射器を使い回されたことが原因であったり、輸血や血液製剤など様々な医療行為が原因です。患者に責任はなく国が責任を持つべき「医原病」といえます。国が被害を起こしたことに対する責任は「肝炎対策基本法」でも認められています。

 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成は十分ではありません

現在ウイルス性肝炎患者に対する医療助成などの公的支援は決して十分ではなく高額な医療費に苦しんでいる方は非常に多いです。政府の調査でも、B型肝がん・肝硬変の患者は、毎年平均34万円、18万円と高額な医療費を自己負担しています(厚生労働省B型肝炎「検証会議」アンケート結果(1414名)より)。

 医療費助成等実現のため全国100万人署名活動を行なっています。東北では署名数3万人が目標です。

全国のB型肝炎弁護団・原告団は、苦しい状況にある肝炎患者の方々のため、国に対し、次の2点の実現を強く要請しています。
1 ウイルス性肝炎が原因の肝がん・肝硬変患者に対する医療費助成の実現
2 身体障害者手帳の認定要件を、肝硬変・肝がん患者の生活実態に合わせたものに改善する

 

  この2点を実現するため、現在、全国で100万人署名活動をしています。東北での目標は3万筆です東北では、平成26年3月27日時点で1813人の方にご署名いただいております。当弁護団ではより多くの署名を集めるため、今後も全力で活動しますので、皆様ご署名ご協力のほどよろしくお願い致します。

●署名用紙をご希望の方は、お手数ですが、B型肝炎被害対策東北弁護団事務局までお問合せ下さい。
お問合わせ電話番号は022-796-0152です(平日10:00〜14:00※その他の時間は留守番電話)

 仙台市街で街頭署名活動実施中です

弁護団、原告団で、平成26年3月26日正午から13時まで、仙台市旧佐々重ビル前にて、街頭署名活動を実施しました。結果、約150人の方にご署名いただきました。ありがとうございます。

 今後の、街頭署名活動実施予定は、4月9日、4月23日、5月7日、いずれも正午から13時まで、場所は旧佐々重ビル前です。通りがかりましたら、是非、ご署名お願い致します。

 

 100万人署名チラシのDLはこちら(PDF)

100万人署名チラシ(表)

100万人署名チラシ(裏)

新着情報一覧に戻る