和解状況

相談をお考えの方

よくあるご質問

和解状況

関連リンク

2012.05.31


5月29日東北初の和解が成立しました!


肝がん1名,キャリア1名につき和解
B型肝炎東北弁護団では,昨年11月30日の第1次提訴以降,今年1月31日,2月29日,4月27日と,順次東北地方6県と北海道在住の合計93名の被害者の方について仙台地方裁判所に裁判を提起してきました。
このたび,国による証拠資料の検討が終了した原告2名につき,5月29日に和解が成立いたしました。和解の成立した原告はいずれも昨年11月30日に提訴した肝がんを発症した50代男性と,未発症の持続感染の60代男性です。
提訴から6か月が経過した第1次提訴における原告8名のうち,今回和解が成立したのは2名だけで,ほかの原告については国の資料確認が終了しておらず,さらなる追加資料の要求など,和解の遅れも予想されます。
昨年6月28日の基本合意成立以降,全国の提訴者数は5月30日現在,合計4186名で,この内2070名は和解成立に必要な資料を国に提出済みですが、和解が成立したのは僅かに351名。和解成立率は16.9%に過ぎません。 国は当初、原告が和解成立に必要な資料を提出後1ヶ月以内に和解を成立させられるか追加資料を要求するか回答すると約束しましたが,その約束は全く守られていません。
原告の中には,肝がんなどの重い疾患を抱えている方も多く,一日も早い和解成立が望まれます。
和解成立を受けて,原告・東北弁護団では記者会見を行いました。

和解状況一覧に戻る